お問い合わせご利用ガイドサイトマップ
アイゼくんアウトドアーショップ アイゼくんセツドウくんアイゼくんリーシュブログ 最新情報


スノースタビライザー「アイゼくん」 



新着情報

坂根テレマークには、アルパイン用のようなアイゼンが無く、諦めていましたが、専用アイゼンが開発され、テレマーク本来の機動力に加え、安全性が大幅にアップし、 大変快適です。

最近のテレマークスキーの最大の弱点は、中急斜面のアイスバーン 、硬く締まったザラメ雪の斜面 を斜めに登高する時でした。
これは、トップとテールの広い幅が災いし、スキーのセンターが浮いた状態になり、シールだけではグリップせず、何度か滑落を経験しました。
しかし、スキーアイゼンを装置することで、その不安が見事に解消され、確実にグリップしてくれます。 アイスバーンの中斜面を、大変快適に登高出来ました。
軽量で脱着が容易なのがいいですね。 エキスパートは勿論、初心者の安全性の為にもお勧めします。
スキーアイゼンは、保険のようなものでなく、ツアーで常用する必需品です。

by 坂根 一弘

新着情報

スノースタビライザー 「アイぜくん」
開発者の前田洋二氏は、私の四季を通じたアウトドアスポーツの友人ですが、金属加工会社を経営する傍ら、趣味のテレマークスキーに傾注する余り、テレマークスキーツアーに重宝するサポートギアをとうとう創り上げてしまいました。

開発に際しては、私もフィールドテストとフィードバックを繰り返し行う事ができ、高次レベルの仕上がりではないかと思います。
特に標高差が大きく、しかも急傾斜で複雑なコース取りを強いられるツアーにおいて、粉雪・湿雪・氷結等の目まぐるしく変化する雪質に、シールだけでは歯が立たなかった部分において、余りある性能を発揮してくれるでしょう。

また、構造的に前進時には刃先が跳ね上がるため、装着したまま滑走も可能で、アップダウンの多いコースで時間短縮にも貢献します。 何よりも雪面に神経を尖らせることなく、余裕を持って行動できるのが、一番お奨めできるポイントです。

by 金山 洋太郎

新着情報

川崎航洋雪倉岳を滑った翌日、私たちはもう一山越えて金山沢を滑ろうと蓮華温泉を出た。
早朝の凍った雪面をアイゼくんは力強く噛み、急な尾根も難なく登る。
ようやく白馬大池にさしかかろうとする頃、リーダーがスキーアイゼンをはずせと言った。
私はそれに従ってから「しまった」と思った。
彼のスキーアイゼンは平坦地では歩きにくいが、私のアイゼくんはこんな所でもスキーを滑らせて進むことができる。
はずすことなどないのだ。
今日のような堅雪なら、はずすのはむしろシールの方かも。
春の雪山はテレマークとアイゼくんの本領発揮の場にちがいない。

by 川崎 航洋


新着情報

With a pair of Aize-kun, I feel no stress in going up a slope. 
I can be sure that blazes stick deeply in snow and stop me from slipping down.  
You will see no more zigzag line behind you, even the slop is so steep. 
Not like other products, a pair of Aize-kun is small and light enough to include in standard equipment, insures your safety with less fatigue and increases the distance with less time consumption.  I strongly recommend you to have a pair for more joy.

by jyunko takeda


新着情報
藤田綾スキーアイゼン・アイゼくん  
スキーアイゼン不要派の人には是非とも1度使ってみて欲しい。
重量負担はもちろん、アイゼンは嵩張る。その負担に対して実際に使用しなければならない状況になる確率が低い。シールが効かなければ板を外してブーツにアイゼンを履くのだからスキーアイゼンは要らない。
そう思って、私は長年スキーアイゼンを避けてきた。
ところが縁あってこのアイゼくんと出会い、私のスキーアイゼンに対する認識が覆された。
まずは蝶番構造により大きく2つの利点がある。
収納時の嵩がかなり軽減され、また使用時には足を上げたタイミングでパタンと雪面側に落ちてくれるので、ロス部分無く爪全体で雪面を捉える事が可能なのである。
そしてその爪の形状もありがたい。グサグサの腐った雪や、逆に乾燥している場合ただのフラット形状では役に立たないであろうが、アイゼくんのフランジ形状はどんな雪質でもしっかりキャッチしてくれるのである。この快適さは他では味わえないであろう。
また、アイゼくんとの出会いで「スキーアイゼンとは、シールが効かない時に使うモノではない!」という発見があった。
シールが効こうが効くまいが、アイゼくんを使う事によってエネルギー消費が大幅に軽減される事を体感した。
頑なにスキーアイゼン不要派を通してきた私の感想が「シールだけで充分と思える斜面であってもアイゼくんなら積極的に使うべき」になったのである。

by 藤田 綾



上へ▲